やせたいのに食べてしまう人に試して欲しい10の解決策教えます

女性がアイスクリームを食べている画像お悩み
女性がアイスクリームを食べている画像

どうもbabablog馬場です。

皆さんはダイエット中や糖質制限中にどうしても食べたい事ってありませんか?

やせたいのに食べてしまう、食欲が我慢できない、そんな人に向けて今回はぜひ試して欲しい解決策を10ご紹介していきます。

私はパーソナルトレーナー歴10年、トレーニング歴は13年ほど続けていてボディビル大会に出場もしているフィットネストレーナーです。

私が大会出場に向けて毎年10㎏減量をしている経験や、トレーナー歴10年の中で実際にお客さんにアドバイスしている内容をご紹介していきます。

こんな人にオススメ

ダイエット中なのに食べたい人

甘いものがやめられない人

糖質制限している人

ダイエットが続かない人

やせたいのに食べてしまう人10の解決策

地面に黄色の数字で10の数字が書いてある画像

食事の回数を増やす

テーブルの上にサラダと木のスプーンがある画像

意外かもしれませんが、やせたいのに食べてしまうという人は食事の回数が少ない傾向にあります。

食事の間隔が空きすぎることで間食におやつや甘いものを食べてしまったり、夜だけガツンと多くの量を食べてしまいますので注意が必要です。

ダイエットは食材選びが重要です。

1回の量を少なくし、最低でも1日4回以上の食事の回数を確保した方がストレスなくやせられます。

たんぱく質を意識して摂る

赤身肉の画像

たんぱく質の食材は食べたカロリーの約30%が、熱として消費されると言われています。

これを食事誘発性熱生産といって、1番消費するカロリーが多い栄養素はたんぱく質なのです。

赤身のお肉や魚や大豆を積極的に摂ることで、空腹感も感じることなくダイエットは成功します。

食事の前にプロテインを飲む

ジュースをストローで飲む女性の画像

プロテインは1回で約100kcalしかなく皆さんが想像するほどカロリーはありません。

食事の前にプロテインを摂ると、水分やたんぱく質が入ってくることにより食べ過ぎを防ぐことが出来ます。

糖質よりも腹持ちが良いとされていて、なおかつ不足しがちなたんぱく質を補う事が出来ます。

食事にはスープをつける

カップに入ったスープの画像

コンソメスープやみそ汁を食事に追加することで、満腹感を得る事が出来ます。

固形物だけの食事はすぐに食べ終わってしまい食事時間が短くなってしまうため、またお腹が空いて余計な物を食べてしまうかもしれません。

水分でお腹を満たすことは、満腹感につながるのでオススメです。

食事前にサラダを食べる

サラダの画像

食事の前か食事の1番最初にサラダを食べることによって、食物繊維の働きで血糖値の上昇を抑えることが出来ます。

これによって、糖質の吸収を緩やかにしてくれたり噛むことによって満腹感を得られることで食べ過ぎの防止になります。

ドレッシングには、ノンオイル系のドレッシングを使うとよりカロリーを抑えることが出来ます。

炭酸水を飲む

テーブルの上にグラスに入ったレモンと炭酸水の画像

炭酸水には血管拡張作用があり、それによって疲労回復効果もあると言われています。

また、炭酸水はおなかにたまりやすく空腹感を紛らわすのには良い選択だと思います。

私もダイエット中にはよく飲んでいます。注意して頂きたいのは、ジュースの炭酸飲料ではなく炭酸水をオススメしています。

サプリを試してみる

サプリメントが容器の中からテーブルにこぼれている画像

消化吸収を抑えてくれるものや、脂肪を燃焼してくれるものなど様々なサプリメントが販売されていますが、やせたいのに食べてしまう人は消化吸収を抑えるようなサプリメントがオススメです。

有名なのはファンケルのカロリミットなどですね。糖質、脂肪、炭水化物の吸収を抑えてくれる商品です。

食事前に摂取すると効果的です。

0カロリー商品を上手に活用

デジタル時計にゼロと表示されている画像

コンビニなどで手軽に買えるゼロカロリー食品を活用することで、ダイエット中や甘いものを食べたいときにカロリーを抑えることが出来ます。

どうしても甘い飲み物やお菓子が食べたいときにはぜひ活用してみて下さい。

お酒が好きな方もゼロカロリーの」アルコール商品も多数販売されていますので試してみるのも1つの手でしょう。

お菓子よりもお米を食べる

桝に入った白米の画像

お菓子よりも白米やお米を食べた方が、満腹感を得られてカロリーも抑えられることがあります。

お菓子には脂質が多く、どうしても多くのカロリーを摂ってしまいやすいです。

白米は100gで137kcal程度なので、量を食べすぎなければ毎食しっかりと食べた方がダイエットには有効です。

食べるときは何グラムかをしっかりと計ることで、カロリーを把握しやく食べ過ぎも防げます。

1日だけ好きなものを食べる

イチゴが上にのったケーキの画像

1週間の中で1日だけ好きなものを食べる日を作って、その日はひたすら食べまくるというのも1つの解決策になります。

これは普段からの食事のストレスや、ダイエットのストレスを軽減させてまた頑張る気持ちを回復させてくれます。

ただし、この方法は中途半端にブレーキをかけていてはダメです。

やるなら徹底的に1日中食べ続けるぐらいの方が、やり方としてはいいと思います。

やせたいけど食べてしまう人の傾向は、中途半端に我慢している人が多くいつまでたっても食べたいストレスを感じている人も少なくないはずです。

1日であればその日は体重が増えてしまうかもしれませんが、ダイエットは長期戦なので息抜きも大事な解決策になります。

まとめ

どうしてもやせたいのに食べてしまう人は、この10の解決策を参考にしてください。

ダイエットで食事に関するストレスは慣れていない人からすると、拷問の様に思えることでしょう。

しかし、ダイエットや食事制限を何度も繰り返して行くことで、自分の中に経験値がたまって段々と自分なりのダイエットや食事が確立されていきます。

流行りに流されず自分なりの方法で、食べたい衝動を抑えるテクニックを身につけましょう。

それは一生ものの財産になる事でしょう。

筋トレやダイエットで効果を出すのは大変ですが、パーソナルトレーニングジムでマンツーマンの指導を受けた方が結果が早く出ます。

無料カウンセリングキャンペーン中↓ 

無料カウンセリング&体験実施中【Bodyke】
・糖質制限無し ・苦しい有酸素運動一切無し 
・週2回、1回50分で効率的な時短トレーニング
・1日3~6食しっかり食べて健康的な体作り
・オリジナルのフードマスタープログラムで食事の知識が身に付く
・完全個室で人の目が気にならない
・ウェア等無料レンタルがあり手ぶらで通える
・認定プロトレーナーがマンツーマンで指導
・トレーナーは採用率10%以下と厳しい採用基準
・理想のボディラインや綺麗な体作りも思いのままに
・全額返金保証をはじめとする7大保証
・LINEサポート付き

コメント