ジム通いが恥ずかしい方に向けた現役トレーナーからのアドバイス

両手で顔を隠す少年の画像お悩み

どうもbabablog馬場です。

今回はジムに行きたい通いたいけど、なんか人に見られるのが嫌でどうしても通えない方へ現役のパーソナルトレーナーである私が、何点かアドバイスしていきます。

ネットでの意見にジム通いが恥ずかしい等の声が多数あることに気づきました。そして、そのような方達の恥ずかしいと思う理由もご紹介して、さらにその解決策も提示していきたいと思います。

ジム施設によって特徴もありますので、その点にも書いていきたいと思います。

ジム通いが恥ずかしい方に向けた現役トレーナーからのアドバイス

外で厚着をした女性が恥ずかしそうに顔を両手で隠している画像

恥ずかしい理由

  • 太っていて恥ずかしい
  • どんな格好をすればいいのか分からない
  • 化粧はするの?しないの?
  • 人の目が気になって恥ずかしい
  • 会社の人がいたらどうしよう
  • マシンや器具の使い方が分からない
  • お風呂で身体を見られるのが恥ずかしい

大体このような理由が多いのではないでしょうか?次にこれらの解決策をお教えします。

解決策

太っていて恥ずかしい→これはしょうがない事実ですよね。解決するには痩せるしかありません。ジムに通う前に近くをウォーキングなどして少し緩やかにダイエットすることをおすすめします。

どんな格好で行けばいいの?→上はTシャツ、下は短パンがほとんどです。決して派手なモデルが着ているようなカラフルな色のウエアは避けた方が無難です。GUやUNIQLOで安く購入出来ます。

化粧はするの?しないの?→会社帰り以外の人は、ほとんどの人がすっぴんで運動しています。これが嫌ならマスクと帽子を着用して運動しましょう。

人目が気になる→施設によりますが案外来ている人は、運動に集中している為人をじろじろと観察していません。目的が運動なので皆あまり人を気にしていません。

会社の人がいたらどうしよう→これも結構あるあるですが、会社から離れた場所のジムを選ぶ。会社と関係のない地域を選んでジムを探してみましょう。

マシンや器具の使い方が分からない→スタッフが基本教えてくれますが、マシンの名前をググりましょう。YouTube等で確実に解説動画が出てきますのでそれで実践しましょう。

お風呂で身体を見られるのが恥ずかしい→24時間ジムは大体個室のシャワーがありますので、誰かに見られる心配はありません。あとは、お風呂を利用せずに帰るかです。

施設ごとの通いやすさ

総合フィットネスクラブ(コナミスポーツなど)

年齢層は朝から昼は、大半が高齢者です。じろじろ見られる心配はないかもしれませんが、夜になると会社帰りの人で多くなってきます。18~21時がピークタイムでマシンも多くが使われます。年齢層は幅広く比較的ライトな運動を行っている方もいます。スタジオ、プールもあり皆が好きな運動を楽しんでいます。会員数が1店舗に約5000人近く在籍するので、会社の人と会う確率や知人に遭遇する可能性は高いでしょう。

24時間ジム(エニタイムフィットネスなど)

人の事など気にしていない会員が多いのが24時間ジムの特徴です。比較的若い会員が多く、自分のトレーニングに集中していて人は気にしていません。じゃあ通いやすいのかと言われれば私はおすすめしません。人目は気にしない会員が多い24時間ジムですがマナーは最悪です。一部のマナーを知らない人によって、不快な思いをすることも多々経験してきました。民度は最低です。

パーソナルジム(RIZAPなど)

もうジムが恥ずかしい人は、パーソナルジムしかありません。パーソナルジムはトレーナー以外の人とは基本的には会いませんので、誰かに見られる心配は無く安心して運動出来ます。また、恥ずかしいと思う1番の原因の自分が太っているからという理由は、1番多いパーソナルジムの入会理由です。

恥ずかしいのその言葉の裏には「自分は太っているからなぁ」=痩せたい!

このような考えになると思います。総合スポーツクラブや24時間ジムは運動やダイエットを教えてくれる場所ではありません。あくまでも運動する場を提供しているだけです。確実に効果を出すならパーソナルジムがオススメです。

(FiNCFIT)

世の中に溢れる間違ったダイエット知識によって苦しむ人を減らしたい。
そんな想いからできたプログラム。
無理な食事制限や、ハードなトレーニングだけがダイエットではありません。
専門家の分析と、ライフスタイルに寄り添った指導で確かな成果を。
ダイエットにおいて本当に大切なことは1週間168時間のうち、ジムに来た1~2時間ではなく、残りの166時間。
自社アプリにて館外サポートを徹底することで、日常生活の根本改善を。
60日間の指導で一生使える食事知識をマスターし、人生最後のダイエットに。

コメント